Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/users/2/chicappa.jp-actinet/web/actinet/blog/index.php:1) in /home/users/2/chicappa.jp-actinet/web/actinet/blog/wp-includes/feed-rss2.php on line 8
J-actinet インフォメーション http://www.j-actinet.jp/blog 日本アクチノイドネットワークからのお知らせ Mon, 25 Jul 2011 06:34:51 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.0.4 ITU(欧州超ウラン元素研究所)ポスドク募集 http://www.j-actinet.jp/blog/archives/121 http://www.j-actinet.jp/blog/archives/121#comments Mon, 25 Jul 2011 06:34:51 +0000 admin http://www.j-actinet.jp/blog/?p=121 ITU(欧州超ウラン元素研究所)がEXAFSを実施するポスドクを募集中です。
詳細は下記アドレスをご覧ください。
http://itu.jrc.ec.europa.eu/fileadmin/Documents/open_calls/1011-100_01.pdf
応募〆切:8月末日

]]>
http://www.j-actinet.jp/blog/archives/121/feed 0
ANL研究員(ポスドク)募集 http://www.j-actinet.jp/blog/archives/119 http://www.j-actinet.jp/blog/archives/119#comments Tue, 21 Jun 2011 02:49:50 +0000 admin http://www.j-actinet.jp/blog/?p=119 **ANL研究員(ポスドク)募集**
問い合わせは、下記のホームページからお願いします。

Argonne National Laboratory
Postdoctoral position in multi-scale simulations of materials for energy applications
Job#: 317803

Basic Purpose: Contribute to improving the understanding of the effect of heterogeneity on thermal, chemical, and mechanical properties of materials for energy applications, especially nuclear fuels and reactor materials.

Required: Knowledge, interest, and experience with multi-scale methods such as Density Functional Theory, Molecular Dynamics, Monte Carlo, Phase Field, Finite Element and Calphad. Computational skills and experience with high-performance computing, data analysis, and multi-scale coupling. Understanding and interest in materials for energy applications, especially nuclear fuels and reactor materials. Experience with experimental validation of models and simulations. Record of research accomplishments and impact as demonstrated by scientific publications and presentations. Skills in written and oral communication in English.

The required levels of knowledge and skills are typically achieved through formal training in mathematics, physics, chemistry, materials science, computational science, nuclear engineering or associated field(s) on the Ph.D. (or equivalent) level with strong emphasis on materials for energy applications.

To apply go to: http://www.anl.gov/jobsearch/detail.jsp?userreqid=317803+NE&lsBrowse=POSTDOC

]]>
http://www.j-actinet.jp/blog/archives/119/feed 0
「日本アクチノイドネットワークによる欧州サマースクール派遣」 平成23年度派遣者募集 http://www.j-actinet.jp/blog/archives/111 http://www.j-actinet.jp/blog/archives/111#comments Tue, 31 May 2011 04:39:56 +0000 admin http://www.j-actinet.jp/blog/?p=111 「日本アクチノイドネットワーク(J-ACTINET)による欧州サマースクール派遣」平成23年度派遣者募集
(本事業は、文部科学省「国際原子力人材育成イニシアティブ事業(原子力人材育成等推進事業費補助金)」の「日本アクチノイドネットワークによる原子力人材育成」の一環です。)

募集要項
1.派遣先
F-BRIDGE School 2011: Synergy between modelling and experiments for
the investigation of nuclear fuels and materials under irradiation
(詳細は、http://www.f-bridge.eu/index.php/School/F-BRIDGE-School-2011.html をご覧ください。)

2.期間
F-BRIDGE School 2011実施期間(2011年9月19-23日)を含み2週間程度以内

3.応募資格
アクチノイド研究を実施している大学院生、若手研究者など

4.募集人数
1名

5.応募方法
次の8項目を記入しメールで申し込む。
1)氏名、2)住所、3)電話番号、4)メールアドレス、5)所属・研究室名、
6)所属長(指導教官)、7) 応募の動機及び今後の抱負、8)これまでの研究活動、

6.募集締め切り
2011年6月10日(金) 【募集期間を延長しました】

7.応募先メールアドレス
oarai.j-actinet@jaea.go.jp

8.選考
・派遣者の選考に当たっては、
「応募の動機及び今後の抱負、これまでの研究活動」を可否の判断とする。

9.その他
・サマースクール前後の期間において、研究施設訪問などにより研究情報を
収集すること
・帰国後に、報告会(平成24年3月予定)において派遣によって得られた成果を
報告すること
・旅費、滞在費等は規定に基づき支給する

実施責任者:原子力機構 湊 和生

問合せ先:
〒319-1195 茨城県那珂郡東海村白方白根2-4
(独)日本原子力研究開発機構 原子力基礎工学研究部門 林 博和
電話・FAX:029-282-6633
E-mail:oarai.j-actinet@jaea.go.jp

]]>
http://www.j-actinet.jp/blog/archives/111/feed 0
QuBS国際ワークショップ「第6回ActinideXAS2011」開催のお知らせ http://www.j-actinet.jp/blog/archives/100 http://www.j-actinet.jp/blog/archives/100#comments Thu, 27 Jan 2011 01:07:42 +0000 admin http://www.j-actinet.jp/blog/?p=100 日時: 3月2日(水)~4日(金)
場所: SPring-8普及棟(播磨科学技術公園都市)
ウェブサイト: http://anxas2011.spring8.or.jp
アブストラクト:Webより受付可能。締め切りは、Web site表記とは別に2月末日まで可、なお ポストデッドラインポスター発表も設定しますので、前日に連絡いただければ当日でも受付可。
参加登録:当日登録可能ですが、SPring-8の宿泊を希望する方は2/21ごろまでに御連絡ください。学生の参加登録料は免除も含めて検討しておりますので別途事務局までご連絡ください。

概要
この国際ワークショップは、アクチノイドおよび放射性物質科学の基礎から応用まで、放射光など量子ビームを利用したサイエンスやその応用について討論する場であり、大型研究施設におけるこれら物質の取り扱い上の制約を超えて新しい研究成果を紹介する非常にユニークな会議です。この会議はこれまで欧米で開催されてきましたが、欧米を離れてはじめて日本で開催することとなりました。量子ビームとは、制御された光のことを指すのですが、その利用はX線回折、蛍光X線、X線吸収/発光、レーザーおよび中性子などを用いる分光研究であり、おそらく馴染みのあるものだと思います。これから放射光などを使って実験してみたい、海外の大型研究施設を使ってみたいという方(欧米の施設のコンタクトパーソンが参加しています。)は、是非この会議にご参加していただき、この機会を利用していただけると幸いです。特に学生の方の積極的参加を期待しています。

主な海外からの招待講演者
Norman Edelstein(LBNL), Joe Thompson(LANL), Christoph Hennig(FZD), Christropher DenAuwer(CEA), David K.Shuh(LBNL), Jean-pascal Rueff (SOLEIL) , Melissa Denecke(FZK) , Pier Solari (SOLEIL), Yu Sung Woo(LLNL), Catherine Bessada (CNRS), Olivier DIAT(CEA) , Tobias Reich(Mainz Univ) , Andreas Scheinost(FZD), Steve Conradson (LANL)他

問い合わせ先
日本原子力研究開発機構 量子ビーム応用研究部門
AnXAS2011事務局 矢板 毅
Email: anxas2011@spring8.or.jp
Tel: 0791-58-2603

]]>
http://www.j-actinet.jp/blog/archives/100/feed 0