お知らせブログ

発表要旨ファイル(PDF)

(2)研究発表1  座長 湊和生(JAEA) 10:10-11:30

0801 赤堀光雄(JAEA)MA化合物の物性と局所構造? −Cm化合物の熱物性及びAm酸化物のXAFS測定
0802 藤井俊行(京大)濃厚電解質溶液中におけるアクチニドイオンの化学挙動
0803 長崎晋也(東大)超ウラン元素の地下環境中における化学的振る舞い
0804 小無健司(東北大)酸化物燃料物性の電子論的研究

(3)研究発表2 座長 小無健司(東北大)  11:30-12:00

0805 林博和(JAEA)原子力機構におけるMAの固体・溶融塩研究
0806 加藤正人(JAEA)原子力機構における酸化物燃料開発研究
0807 本間佳哉(東北大)東北大学金研大洗センターにおける超ウラン物性研究のこれまでの実績と今後の展開
0808 山村朝雄(東北大)ウラン化合物の構造・形態・物性の制御による新しい核燃料サイクルの研究
0809 上原章寛(京大) 京大炉のアクティビティ紹介
0810 坂村義治(電中研)電中研の金属燃料乾式サイクル技術に関するアクティビティ紹介
0811 斉藤拓巳(東大)計算化学シミュレーションによるアクチニド科学の展開
−アクチニド元素の材料物性,環境挙動理解に向けて−
0812 儀間大充(阪大) 阪大山中研のアクティビティ紹介
0813 加藤 優(埼玉大)5座配位子を有するウラニル(VI)錯体の非水溶媒中 における電気化学的挙動−安定なウラニル(V)錯体の探索を目指して−
0814 佐々木祐二(JAEA)原子力機構基礎工学部門におけるアクチノイド分離研究

(6)研究発表3 座長 池田泰久(東工大) 13:30-14:30

0815 野上雅伸(東工大)種々の媒体におけるウラン錯体の溶液化学とその応用
0816 小林大志(京大)アクチニド水酸化物錯体の生成挙動に関する熱力学的研究
0817 大鳥範和(新潟大学)分子動力学法によるUO2(VI)イオンを含む溶融塩の構造と動的性質

(7)研究発表4 座長 荒井康夫(JAEA) 14:30-15:30

0818 倉田正輝(電中研)MA含有金属燃料の基礎物性と状態図解析
0819 逢坂正彦(JAEA)照射燃料試験施設(AGF)における高速炉酸化物燃料サイクル枢要技術開発
0820 宇埜正美(阪大)模擬燃焼窒化物燃料の熱物性に与えるFPの効果

(9)研究発表5 座長 黒崎健(阪大) 15:45-16:25

0821 小田卓司(東大)酸化物燃料のポテンシャルモデル構築と照射応答挙動評価
0822 有馬立身(九大)酸化物燃料の分子動力学法による物性評価

(10)研究発表6 座長 藤井俊行(京大) 16:25-17:05

0823 神戸振作(JAEA)アクチノイド物性物理のトピックス
0824 黒崎 健(阪大)アクチニド元素を用いた高信頼性発電システム? 〜熱電材料固体物性の最前線〜